DaiGoのメンタリズムで使えるモテテクニック

錯覚を究明すれば面白い

最近、テレビでもすごく気になる錯覚の動画や絵画などに引き込まれることがありますよね?一見、モノクロに見えていたはずの風景画が一瞬でカラーに見えてしまうことや、動画で同じ図形の組み合わせのものも配置を変えれば、なぜか大きさが変わってしまうものに見えてしまうことがあります。

 

これは何も細工をしていないのですが、人間の脳はその判断や処理に錯覚をおこしたり、思いこみでそのように処理をするので、わたしたちはそう見えてしまうのです。これって、ある意味メンタリズムで使われているかと思いませんか?わたしはその錯覚現象を聞いたときにそう思いました。事実、スプーン曲げなどもそういった錯覚を利用しているとも言われます。

 

テレビでDaiGOさんに質問された答えを全て操作されて、挙句の果てに全てが言い当てられてしまうことが全てそんなテクニックで片付けられたとしたら、納得できますか?でも、実際はDaiGOさんは事前に情報を集めるイカサマ、ホットリーディングを利用していなくて、わたしたちがそのようにハマってしまうコールドリーディングのテクニックなどが使われているのだとしたら、わたしたちも同じようにメンタリズムを駆使できるようになるのです。

 

 

錯覚動画どちらで回っているように見えますか?